ハイダメージ毛のケア領域を、より広く。REPAIR HEAT

ハイダメージ毛に対応するリペアシリーズに、熱ダメージケアに特化したリペアシリーズHEATが加わりました。

2020年6月、熱ダメージケアに特化した『リペアシリーズHEAT』がデビューすることにより、ハイダメージ毛に対する補修効果で支持されるリペアシリーズのダメージケア領域を広げていきます。

リペアシリーズは、ブリーチなどケミカルメニューを繰り返すことで、芯がなく弱々しくなったハイダメージ毛に対し、ダブルリペアテクノロジーにより、弾力感のあるしなやかな髪を叶えてきました。
しかし、ハイダメージ毛の中には、ケミカルメニューに熱ダメージが重なったことで硬くゴワついた毛髪が存在したのです。
ヘアアイロンやドライヤーなど、毛髪を取り巻く日常にはさまざまな熱ダメージの重なりによって、毛髪は硬くゴワついてしまいます。
美容機器による熱だけでなく、太陽熱によってもダメージは蓄積していきます。
例えば、真夏の太陽のもとに1時間いると、毛髪の表面温度は約80℃まで上昇しているのです。
そんな熱ダメージで硬くゴワついた毛髪へ対応するために誕生したのが、新たに“ソフトニングテクノロジー”を搭載したリペアシリーズHEATなのです。

熱ダメージの補修と抑制を同時に叶えるソフトニングテクノロジーとは?

タンパク質科学の視点から、熱ダメージ特有の硬くゴワついた毛髪を解明することで、熱凝集タンパク質をほぐす補修成分と熱ダメージによる毛髪強度低下を抑制する成分を発見することができました。

➀補修成分:ウレア誘導*1 … 熱で凝集したタンパク質に働きかけ、内側からやわらかさを引き出します。
➁抑制成分:ラジカルカウンター*2 … 熱によるラジカルの発生を抑え、毛髪強度の低下を抑制します。

*1:ヒドロキシウレア[毛髪補修成分] *2:EDTA-2Na[毛髪保護成分]

ウレア誘導体による“補修”とラジカルカウンターによる“抑制”を同時に叶えるのが、ソフトニングテクノロジーなのです。

リペアシリーズHEATの魅力について ~Designer voice~

RECOMMEND POST

おすすめの記事はこちら